teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


5/12深夜の記

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 5月14日(土)02時08分11秒
   五月が窓から風を送り込む。僕は五月になると、無性に釣りにいきたくなる。特に今日は雨が上がって暖かく、絶好の釣り日和だった。地震の被災地では、あいかわらず大地が揺れ、不安な日々が続いている事だろう。福島では原発の状況に息をのんでいるだろう。その心労は、ひとかたならぬもののはずだ。一方、僕はというと、締め切りを前にして、川にもでかけられず、机にむかっている。孤独に弱い僕が、どうしてこんな商売を選んでしまったのか。コピーライターをやっていれば、同僚、アルバイト先、少なくとも得意先と人間的な状態であったのに。だのに作家専業になって以来、誰かと会って話をするなど、月に数度もないのだ。たまに時間ができても、都合よく、知人とすりあわせることもできず、結果、一人で食堂でビールを飲むか、酒場の片隅に座っているしかない。遊び相手が欲しいなあ。話し相手が欲しいなあ。できれば女性で。と思っても後悔ばかり。夜は心の隠し窓となり、追う影もないのである(南正人より)。宅急便が間に合わないので、手を入れたゲラを飯田橋のK書店まで届けた。帰りに神保町のランチョンでミンチカツとビールで腹ごしらえして、僕の第二の故郷である荻窪へ足を向けた。一年ぶりにおとずれる昔の酒場であるFは、相変わらず静かで、いつも微笑んでいたはずのK氏はすでに亡くなって二年になる。その日は命日の翌日。前日には昔の仲間が集ったらしい。相変わらず間の悪い自身を悔やむ。東京に出て以来、何人の数少ない友を失ったろう。 0が死んだ。Tが死んだ。Kが死んだ。まだまだたくさんある。そして先月は父が死んだ。一人であの瞬間をみとったのは、少し怖かった。五月は死と生を肌に伝える月らしい。だから釣りにいきたいのか。すると釣りは死と密接なのだろうか。釣魚大全にあるように「静かなる事を学べ」るのはいつになるのか。繰り言で申し訳ない。書かなければ、爆発しそうなので。  
 

エッセイ

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 5月13日(金)01時46分24秒
  今週土曜日の日経朝刊に交遊抄というみじかいエッセイを寄稿しています。よろしければお読みください。  

ハナシをノベル

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 5月11日(水)03時09分41秒
  下記に報告しました。ハナシをノベルの東京公演はこのようなチラシの様子となっております。  

おそまきながら

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 5月 9日(月)01時55分54秒
  おそまきながら深水黎一郎様、祝、推理作家協会賞。  

ハナシをノベル

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 5月 8日(日)01時22分3秒
  ハナシをノベル、東京公演が今年も七月十七日に、お江戸日本橋亭にてあります。今回は私の作品のメタフィクションである「ぴゅうするる」がかかります。ぜひ、足をお運びください。前回はチケットが売り切れで、入場していただけなかったお客さんもあったようですので、前売りをご入手いただければと思います。ご予約はこちら。http://formmail.jp/00075580/ハナシをノベル
 

やや野球ども

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 5月 5日(木)02時24分20秒
  現在、角川書店のデジタル野性時代にて「やや野球ども」なる野球小説を連載中。ぜひお読みください。  

シュリンプボーイ様

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 4月30日(土)04時14分6秒
  今夜は残念でした。またメールはこちらへ届いてませんでした。きっと最近、変わってしまったアドレスのせいだと思います。現在の私のアドレスは上記です。飲みましょう。  

シュリンプボーイ様

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 4月25日(月)03時48分34秒
  そうですか、カップ麺に茨城でも、制限があるのですか。それは行政、物流の方は頑張ってもらわねば。ともあれ、大切な事は思いですし、緊急は脱したようなので、時間のラグはおいておきましょう。それと息子さんの友達に福島の男の子がいるのは、とてもよいことですよね。そうやって、人は自身以外の他者を理解するはずです。荻窪のK氏の命日はそろそろだったかしら。申し合わせて、飲みにいきましょう。メール望む。浅暮  

お悔やみ申し上げます

 投稿者:シュリンプボーイ  投稿日:2011年 4月24日(日)16時33分30秒
  このたびは心よりご冥福をお祈り致します。
今回の震災では私の叔父と叔母が茨城におり屋根の一部損傷などの被害がありました。
何かしょうと思ってもなかなかできず、今月の頭にようやくネットショッピングが茨城地区の受付を再開しカップ麺を6ケース注文して送りました。向こうは一人一個の制限があるそうで喜んでもらいました。また、うちの息子の中学校や同僚の中学校に福島からの転校生が増えてます。こんなときだから仲良くして将来福島に遊びによんでもらえるようにしろ。
と言ってあります。落ち着きましたらぜひ弔い酒でも。
 

帰京して

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 4月22日(金)01時58分3秒
   そうです。あの箱船がそうであったように、鳩はそろそろ戻る。それは確かです。なぜなら聖書は歴史書でもあるからです。思うに、波は、すでに今までのあらぶりを少しづつ、おさめくれているのでは。山も怒りをおさめているのでは。僕はファンタジー作家であると同時に、釣り師です。自然の怖さについては、多少は詳しいと自負してます。なので今般の報道に触れ、大地と海が、少しづつ、落ち着いてくれているなと実感します。雨の後に空がはれたら、虹はかかる。それは本当のことですし、事実です。福島で約束の虹が見えましかどうか。まだなら、もう少しですから、待っていてください。雲はすでに去っています。北風も春の暖かさに退散したはずです。避難所から外へ出ると、カタクリやゼンマイが、おいしそうに芽吹いていませんか。春の虹は、空からだけでなく、大地からも見えると思います。なにより春の神がきてくれたのです。ヨーロッパでいうなら、メイポールの季節です。福島は、そんな神の宝庫でしょう。やがてアケビも実をつけ、あるいはヤマメやイワナも元気に泳ぐ。自然は今回、我々に大変なしっぺがえしをしましたが、もとよりそれは本意ではないはずです。これは書き込みいただいたことだけに対して、いいたいのではないのです。すべての日本国民に伝えたい。この国は自然の国です。東西に長く、緯度の差も大きく、第一次産業の国としては特殊です。ましてやレイチェル・カーソンが語った以前に、古い文献でも文明と自然のあり方を深く考えてきた。考えましょう。福島へ対する差別は、差別でなく、無知でしかない。もう少し、古くからの文明国の理知を持ちましょう。下記にお書きのような福島に対する差別は無知蒙昧な行動でしかない。自然の力は、科学を超えて、時間がかかるにせよ、バランスを保つようにできているのです。ましてや、放射線がウィルスやインフルエンザのように、誰かやなにかに伝染するといった、あきらかな間違いは、口にするべきではないと思いますよ。火傷や傷をおっている対象に触れたとしても、あなたが火傷や怪我をする訳ではないでしょう? SF作家クラブも、この辺りの啓蒙をしっかりしてほしいものです(もうしているのかな)。  

レンタル掲示板
/22