teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 9月27日(火)02時33分58秒
  羽光様
ごぶさたです。拙著をおよみいただき、ありがとうございます。またあらためて感想などおきかせください。落語会によらせていただきますから。
 
 

ご無沙汰しております

 投稿者:笑福亭羽光メール  投稿日:2011年 9月22日(木)10時35分12秒
  先日はごちそうさまでした。落語会でお会いした羽光です。居酒屋での先生のお話がとても面白くて先生の著書を図書館で借りて拝読しました。どれを読もうか迷いましたが「ダブ(ェ)ストン街道」「石の中の蜘蛛」を読みました。面白かったです。小学生みたいな感想ですいません。今度はちゃんと買って読みます。またどこかでお会い出来る事を楽しみにしております

http://ukou.jimdo.com

 

静岡プチオフ会企画中

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 8月 2日(火)00時47分56秒
  グレです。七月にオフ会なんていいながらもう八月。そこで、今年の9/3土、4日、静岡市にて開催されるSF大会に参加しようと思ってます。いつもSF大会の夜は特にこれといったことをせずにぐだぐだと酒を飲んでいるため、今回はプチ・オフ会でもできたらなあと考えています。静岡近郊に在住の方、2、3の夜のいずれかで浅暮といっぱいやりませんか。場所は静岡駅周辺を考えています。僕のサイトに返信、いただければさいわいです。  

(無題)

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 7月 8日(金)09時38分41秒
   七月六日、朝日新聞朝刊の「東京物語散歩」に拙作、「実験小説ぬ」が紹介されました。筆者の方に感謝します。荻窪に関係しての紹介です。お手元に新聞が残っている方は、ぜひご一読ください。  

つい新古

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 6月28日(火)03時40分29秒
  なんだろ。かいたasagure@mitsufumi.netがちゃんとしてなかったかな。
 

参加表明について

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 6月 9日(木)03時42分18秒
  もうしおくれましたが、浅暮のメールアドレスは近年、変わってます。この上のグレ宛までお願いしますね。浅暮  

オフ会

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 5月31日(火)04時06分24秒
  下記の書き込みのオフ会、参加の石があるなら、どしどしグレまでメールください。希望の日時ともで。  

オフ会

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 5月29日(日)01時23分15秒
  みなさん、しばらくやっていないので、オフ会をどこかで開催したいです。いかがですか。休日を利用して、あまり暑くなる前に集まるというのは。ぜひ、ご参加の打診、検討、連絡をまっています。浅暮三文  

閑話休題、画伯と会う

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 5月23日(月)07時30分42秒
  昨年、審査員をつとめた釜山国際広告賞のお礼として韓国から盾が届きました。象眼細工をたくさんこしらえられていて、夜の光にきらきらしてきれいです。といっても届いた日にさっそく床に落として一部を欠損してしまったのは、内緒。

昨日、画伯から電話をもらって渡したままになっていた資料をうけとる。その足で二人で国立の夜に繰り出した。互いに家族問題で心労ばかりだったので、朝までたっぷり話をした。キャンディーポットのウィンナースニッチェルをさかなに僕はここしばらくには珍しく、声を出して笑った。酒は飲んだが、ずっとビールばかりで(画伯は駄目なのでノンアルコール)、酔うには、ほど遠い状態だった。だが、気持ちは酔う以上に楽天地へいっていた。ありがたいな。友人というのは。つくづく思った。そもそも、画伯が電話をくれたのも、そろそろこの時期ならと様子を見たうえでのことなのだろう。心配ばかりかけてごめんね、画伯。そっちも大変だろうに。おかげさまで、溜め息が少し減りました。感謝。また人魚にいこう。
 

シュリンプボーイ様

 投稿者:グレメール  投稿日:2011年 5月16日(月)01時58分56秒
  A石くんも亡くなったのですか。潜水夫の仕事は続けていたのでしょうか。
一昨日、M絵ちゃんより、ひさしぶりに電話をもらいました。その日にK君の死をB小屋のお母さんとの電話でしったそうです。
僕も父親の延命治療は拒否していました。なので人工呼吸器は装着せず、酸素マスクをしている最期をみとりました。新幹線で着いた日の夜、容態がどちらともいえず、前日からベッドサイドにつめていた家族と交代したところでした。なのでたまたま一人でつきそっていたのです。うとうしたときに、ナースセンターから看護婦さんが駆け込んできて、事態が理解できました。
春は残酷な季節ですね。ぜひ、釣りにいきましょう。
 

レンタル掲示板
/22